押忍!番長とリンク集の紹介

押忍!番長とリンク集の紹介


激アツリンク

出会い系サイト【e-出会いmobile】

押忍!番長について

押忍!番長(おすばんちょう)は、大都技研が2005年6月に発売したパチスロ機。A-400タイプのストック機であり、『吉宗』の後継機に当たる。保通協における型式名は「デンセツノオトコD」。
元々はイートレックジャパンが携帯電話向けゲームアプリとして開発した『押忍!番長列伝』をパチスロ化したもの。その関係で液晶画面の演出部分の開発は『吉宗』に引き続きイートレックジャパンが担当している。
販売台数は約25万台(2006年3月現在。少なくとも販売台数で『吉宗』を上回っていることは間違いないと言われているが、正確な台数は不明)。2007年時点で、『北斗の拳』『北斗の拳SE』(いずれもサミー)に次いで、業界第3位の販売台数となっている。しかし『北斗の拳SE』が4.7号機であり出玉性能が抑えられていることもあって、同機の『吉宗』から受け継いださまざまな演出面からホールの主力機種としている店舗も多く、吉宗撤去後に『秘宝伝』ではなく同機を増台した店舗も多い。
2005年11月にはプレイステーション2用のソフト『大都技研公式パチスロシミュレータ 押忍!番長』が発売されている。2006年3月にはPSP(プレイステーション・ポータブル)版も発売された。このほか、2007年4月にはニンテンドーDS用ソフトとして『吉宗』『秘宝伝』と同梱される形で発売されている(発売元は株式会社パオン)。なおこれら家庭用ゲーム機版はいずれも全年齢指定のため、椅子取り対決におけるスケベ椅子登場時など、一部演出が変更されている。
パネルは番長パネル、操パネル、ウエディングパネル、スウィートパネルの4種類に加え、2006年8月に新たに「漢ゆパネル」(轟・薫の二人に加え、『吉宗』の爺らも登場している)がリリースされた。
他の4号機同様2007年7月13日に検定切れとなり撤去された。
特徴

シャッター付き液晶を搭載し、放出テーブルの異なる3つのモードがある点、ボーナス中に1ゲーム連荘の抽選がある点、3種類の異なるBIGボーナス演出から好みのものを選択できる点など、基本的には吉宗のゲーム性を引き継いでおり、全般的に『マイルド調整した吉宗』といった趣のマシンである。
BIGボーナス
轟BIG
チャンス予告タイプ(BIG)〜主人公、轟金剛の修行をコミカルに描いた演出。ボーナス中の演出で1ゲーム連チャンの抽選結果をチャンス演出で告知する。小役ゲームは滝に打たれる轟の頭上から様々な小役ナビが降ってくるというもので、デカい小役が頻繁に降ってくるとチャンス。更に途中で凶暴な顔をしたジャイアントパンダが出現して轟と対決する演出に派生するとアツい。勝利すると1G連確定。以上の演出は青7揃い時と赤7揃い時で同じ演出でも1G連成立信頼度が異なる(青7時のほうが高い)。内部で青7が成立している状態で赤7もしくは青7が成立した場合ボタン停止時に「あっち」「向いて」「ホイ!」と鳴る。BGMは「轟けDream」。
薫BIG
準完全告知タイプ(爺BIG)〜主人公の担任、伊集院薫を主人公にした演出。小役ゲーム中は桜道を闊歩する薫の足下に小役ナビが発生する。ボーナス演出中もしくは3回目のjacゲーム終了後に1ゲーム連チャンの抽選結果を告知する(後者は内部的を含む青7時のスベリベル当選時に行われる演出)。当選すると高音の当選音が鳴り、薫が生徒から胴上げを受ける(赤7で1G連を示唆)。または薫とマチコが結婚し、二人で胴上げされる当選演出(青7で1G連を示唆)もある。BGMは「男の花道」。
操BIG
後告知タイプ(姫BIG)〜ヒロイン、青山操のコンサートをテーマにした演出。ボーナス演出終了後に、青・赤・黄のいずれかの色のボクシンググローブをはめた操がパンチングで1G連の抽選結果を告知する演出が発生し、閉じようとする液晶シャッターをこじ開けることが出来れば、グローブの色に対応した結果を得る(青=青7で1G連、赤=赤7(稀に青7)で1G連、(黄=特訓モード移行)。外れの場合は操が画面から転落し、「あしたのジョー」のラストシーンをパロディにしたイラストが表示される。※グローブの色が赤でも青7が揃う場合がある。BGMは「Distance」

このほか、吉宗を継承しているものとしてjacゲームでのjacハズレ、純粋なパンク時に1G連が確定する。 ストックがないとき、ばけが揃います。「wikiより」

リンク集

出会い系サイト獣王コンチ4Xアステカ大花火クランコシオサイサンダー源さんファインプレイ北斗吉宗キン肉マリンバミリゴドン2赤ドン百景





携帯サイト無料作成
ワクワクメールピュアアイ
イクヨクルヨハッピーメール


ログイン